大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

プロフィール

名前
日本体育大学男子ラクロス部
よみがな
にほんたいいくだいがくだんしらくろすぶ
大学
日本体育大学
競技
ラクロス部
公式HP
日本体育大学男子ラクロス部

プロフィール   :

日本体育大学男子ラクロス部です。プロフィールをもっとみる

新着ブログ記事

月刊アーカイブ

記事一覧へ

引退ブログ#27尾崎侃凱光



みなさんこんにちは。

4年尾崎かがみです。


1年前に先輩方の引退ブログを読んだとき、来年やり切った気持ちで1年後引退ブログを書けるよう、最後の年はやり切ろうと思っていましたが、結局何もできず終わってしまって後悔するだけの4年間になってしまいました。



ただ、自分なりに成長はできたので良かったのではないかと思います。


自分のラクロスに対するモチベーションは入部当初を除き、低めだったなと思います。


その原因は新しいスポーツを始めるにあたっての覚悟が足りなかったことにあります。


幼稚園からサッカーを続けてきて、何の苦労もせず試合に出るという当たり前の世界。

当時の僕はこんな狭い世界でしか生きてきませんでした。

そんな考えのもと、ラクロスを始めてもすぐに先輩にクソだと言われ続ける日々が続きました。

モチベーションが下がるのも当然でした。

同期とも傷の舐め合いばかりしていました。


それでも周りの同期が頑張って練習に励んでいました。

そんな中、僕だけが自分の弱さに立ち向かおうとしていなかったと思います。

逃げ腰の奴のラクロスがうまくなるはずもなく、面白さを感じられず、何度も辞めようと思いました。



ただ、この時同期のクソどもと一緒にいるのが楽しかったこともあり辞めませんでした。

  



そんな僕も3年生になる頃に、このままではいけないとようやく行動し始めました。

これまでさぼってきた為に生まれた、どうしようもないスキルの差。


何とか自分を変えようと筋トレをしました。


筋トレをして強くなればラクロスでも使える存在になるだろうとか、考えていました。

常にトレセンに通っていた甲斐もあり、筋力が増え、周りからはでかいねと言われるようになり、自分に多少の自信を取り戻しました。

でも、筋力が増えたとしても当たり負けないだけのただの肉塊。

結局ラクロスはスキルだなと痛感しました。

(もちろん筋力はあるだけ良いのですが、基礎がないとだめだよね)




そんな自分も知らず知らずのうちに4年生になっていました。

ポジションはフェイスオフに。

一個上の筒井先輩も同時期くらいにフェイスオフにポジション変更し、去年のリーグ戦でも活躍していたのを見ていたから、自分も本気でやってこれまで迷惑をかけてきた部活に何か恩返しをしたいなと考えていました。

ただ、そんな思いも虚しくコロナの影響で練習があまりできず、何も成し遂げることができませんでした。


気が付くと特別大会が始まり、Bリーグが始まっていました。教育実習から帰ってくると次の日にはもう引退。



結局自分は4年間で何もできなかったなと。

本当に後悔しています。



ただ、自分を見直す機会になりました。

自分の弱さから逃げ続けていると、結局後悔する羽目になる。

このことに気づけただけでも一つ成長できたかなと思います。




こんな僕だからこそ後輩に伝えたいことがあります。



それは、自分の弱さから逃げずに、常に努力を続けて欲しいということです。

人にはそれぞれ自分の弱点が必ずあると思います。

ただ、そこから目を逸らして逃げていれば結局後悔します。

自分がどうやったら今の状況を克服できるのかを常に考え続けて向上していくことが大事だと僕はこの4年間で学びました。(後輩たちはすでにできている人が多いので心配はしていませんが)


みんなには引退の時に悔いがないと自信を持って言えるように、今持てる時間全てをラクロスに費やして全力で楽しんで勝ち続けて欲しいです。


今の頑張っている後輩たちを見ていると何か凄いことをやってくれそうな期待が持てます。


応援しているので頑張ってください。



『がんばれ!!!!』



今年は本当に例年通りではないという印象が強かったです。

コロナにより活動停止の時期があり、リーグ戦も無く、代わりに特別大会が開催されるなど異例づくしでした。

そんな中でもラクロスを続ける環境を整えてくださった、亀山先生、佐保田さんをはじめとするコーチ陣の皆さん、貴也さん、チームメイト、マネトレ、その他関わった多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。


そして、今まで僕がラクロスをするために支えてくれた両親。

本当に感謝しています。



『4年間ありがとうございました!!!!!!!』



#27 FO 尾崎侃凱光


タグ: 

コメント

名前:

内容:

記事一覧へ

こんな記事にも興味あるかも?

このブログを読んだ人はこんなページも見ています