大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

プロフィール

名前
日本体育大学男子ラクロス部
よみがな
にほんたいいくだいがくだんしらくろすぶ
大学
日本体育大学
競技
ラクロス部
公式HP
日本体育大学男子ラクロス部

プロフィール   :

日本体育大学男子ラクロス部です。プロフィールをもっとみる

新着ブログ記事

月刊アーカイブ

記事一覧へ

引退ブログ#MG井上菜々


今回引退ブログを書かせていただきます。

日本体育大学男子ラクロス部

4年MG井上菜々です。



2020年特別大会 

9/12 vs早稲田

私はこの日を一生忘れないと思う。



勝ちたかった。



悔しかった。



引退が決まる早稲田、学習院戦を見ても

やっぱり勝ちたかった。勝てたな。

この気持ちでいっぱいでした。



私には、早稲田戦の前からチームとしてもっと早く取り組んでいれば、考え方を変えていればなと、引退した今も悔いが残っていることがあります。


それはF.O対策です。

私の中で毎年日体のF.Oは勝つ。

正直そのイメージしかありませんでした。


今年はコロナの影響で武者も行けず、練習試合も充分に行えない中で本人達も周りとのレベルがハッキリせず、どう戦術を組むかも不明確な状態だったと思います。


しかし、F.Oに特化した練習を始めたのは試合直前。当日になって、ポゼッションを奪えないという事実を全員が目の当たりにしました。



私の中で、

違う。こうじゃない。

龍なら勝てるのに。

なんでこうなってしまったのか

悔しくてたまらない。

この気持ちでいっぱいでした。




「もっと早くからやっていれば。」




毎年のように出てくるこの反省が、来年以降無くせるように。



『物事を見る視点を変える』



これは4年間を通して感じた日体大の弱点であり、私自身にも足りなかった力です。

是非後輩達は克服して、強い日体大を創って欲しいです。

選手はもちろんですが、スタッフも。

後輩の立場になって考えたり、

先輩の立場になって考えたり、

選手の立場になって考えたり、

自分の中での当たり前を疑ったり、

見方を変えれば今までは思いつかなかった考えが出てきて、組織作りに様々な良い変化をもたらすことができると思います。


今チームを変えようと奮起している後輩の姿を見て羨ましいとも思うし、これからの日体を任せたいとも思える逞しい後輩達ばかりなので、来年のチームにとても期待しています!



さて話は一変し、私自身の話になってしまいますが、私がここまでラクロス部のマネージャーを続けてこれたのは、


マネージャーというポジションに誇りを持ち、

マネージャーだからできることを見つけたから。


プレーをしないスタッフが部活動を続けていくモチベーションを高める為には、またチームに対して貢献したいと強く想い続けていく為には、


「ラクロスが好きであること」

「チームが好きであること」

「何か自分にしか出来ないこと、自分だから出来ることを見つけること」


これが絶対に必要だったと、4年間を通して実感しました。


日々の練習や試合でメニューを回せるのは当たり前、、


どうやったらチームに貢献できるんだろう?


『ラクロスを知りたい』

『選手とラクロスの話がしたい』

『役に立ちたい』

『少しでも勝因のきっかけになりたい』


沢山悩み、考えてきました。



これらを叶えてくれたのは、審判資格を取得し、審判活動を行うことでした。


また、ラクロスを知る努力をした結果、必然とラクロスが好きになりました。

(あやかさん、みのりさん。私としほに沢山時間をかけて面倒を見てくださって、審判の楽しさを教えてくれました。ありがとうございました!)


フィールドに入っている時は、選手のかっこいいプレーを間近で見る事ができ、独り占めできているなぁといつも優越感に浸る事ができました。最高でした。笑


一個上の代の選手からはフィールドで沢山怒られたし、(特に昭輝さん、美輝さんには感謝しています。笑)審判資格保持者としては至らない所も沢山あったけど、


部活外でも動画を送って質問してくれたり、プレーに対してのジャッジを一緒に考えてくれた選手もいて、審判に対してのモチベーションを保つことができました。


何より本当に楽しかった!!


そして個人的にですが、今年の特別大会やBリーグ戦で1回もクロスチェックに引っかからずに悔しい思いをしなくて済んだのが達成感。これは悔いなし!



引退ブログに良くある、

「辞めようと何度も思った…」とかは一切無く、、笑

入部してから1度も辞めたいと思ったことはありませんでした。


ラクロスの楽しさ面白さを厳しくも親身に教えて下さった偉大な先輩方がいて、


辛い事があっても「分かってるから。大丈夫だよ。間違ってないよ。」といつでも味方でいてくれた同期の選手や、沢山涙を流して、悩んで、支え合って、本音で私やチームに対して向き合ってくれたしほあやね、


私達4年生と常に同じ熱量を持って付いてきてくれて、沢山刺激をくれた後輩達がいたからです。


本当にありがとう。

仲間に恵まれていたなとつくづく思います。


そして

4年間私のひたすら好きなことを自由にやらせてくれた両親には感謝でいっぱいです。

試合を見に来てくれたり、今年の引退試合はLiveで見てくれたり、いつも気にかけてくれていたこと、

とても嬉しかった!!

ありがとうございました。




最後になりますが、

今年は例年にもなく、誰もが予想できなかった事が続き沢山悩みに悩んで運営をしてきましたが、20’日体が不自由無く活動ができたのは沢山のご支援があったからでした。

亀山先生をはじめ、プレー面だけでなく運営面も熱くサポートして下さった佐保田GM、ハムさん、水田さん、純さん、貴也さん。その他毎練習帯同していただいた外部コーチの方々には感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。



日体の恵まれた環境でラクロスに出会うことができ幸せでした。



悔しいことの方が多かったけれど、それに負けないくらい4年間は濃くて、楽しくて、

そして最高でした。


ラクロスを通して一生の仲間に出会えたことに感謝しています。


ありがとうございました。




#MG 井上菜々


タグ: 

コメント

名前:

内容:

記事一覧へ

こんな記事にも興味あるかも?

このブログを読んだ人はこんなページも見ています