大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

プロフィール

名前
日本体育大学男子ラクロス部
よみがな
にほんたいいくだいがくだんしらくろすぶ
大学
日本体育大学
競技
ラクロス部
公式HP
日本体育大学男子ラクロス部

プロフィール   :

日本体育大学男子ラクロス部です。プロフィールをもっとみる

新着ブログ記事

月刊アーカイブ

記事一覧へ

引退ブログ#98荒木風雅


こんにちは。

4年荒木風雅です。


いつも日体大ラクロス部を応援していただいている皆様に、感謝申し上げます。


これからも日体大ラクロス部の応援よろしくお願いします!


上手くまとまりませんでしたが、引退ブログを読んでいただけたら嬉しいです。



簡単にこの4年間を振り返りたいと思います。



1年生、

もともと日体に入ったらトレーナーの勉強をしたいと思っていたということもあり、トレーナーのできる部活がないか探していました。そこで、ラクロス部がトレーナーも募集しているということで体験会に行き、とても雰囲気が良かったのでトレーナーとして入部を決めました。


しかし、自分は高校までずっと選手としてプレーをしていたので、外から見ていて自分自身も体を動かしてプレーをしたいというもどかしさを感じていました。


貴也さんに相談したところ、あっさりと「選手をやりたいんだったらやった方がいい」と言われたということもあり、1ヶ月でトレーナーから選手になりました。


最終的には残れませんでしたが、サマーでユースに選ばれるなど割と上手くいっていた方なのかなと思います。




2年生、

何もかも上手くいっていませんでした。

理由は単純に自分のせいで、全然自主練をしてなかったし、全体での練習もただこなすだけになってしまっていました。


その為、何をやっても上手くいかず練習ではボロクソに言われ、イライラし悪循環に陥っていました。



部活を辞めたいと思う事も何度かありました。




3年生、

少しずつではありますが、上手くいくようになってきて、東海フェスでAチームに上がれるかもしれないという話を言われていたのにもかかわらず、その直前に怪我をして結局東海フェスには出られませんでした。


今年のリーグ戦も応援席だと腐りそうになっていた時にハムさんが声をかけてくださって踏ん張ることが出来ました。

(ハムさんあの時はありがとうございました!!)


怪我も治り、復帰して上手くいきかけていたということもありAチームに上がることができましたが、オフェンスは全然思っていたようにいかず、DMFとしてなんとかAチームに残りリーグ戦に出場することができました。


1つ上の代は強いと言われていたこともあり、

今年こそはfinal4にも行けるのではないかと思っていましたが、結果として1勝4敗。



想像していた結果とはかけ離れていました。



Aチーム内で、2年生はチームに貢献していたのにもかかわらず自分はチームにたくさん迷惑をかけていて、何も出来ない自分がほんと不甲斐なかったし、悔しかった。




4年生、

まず、今年は異例づくしだった。


つま恋から帰ってきたら、コロナの影響で約4ヶ月間の自粛。


ラストシーズンだというのに全然全体練習は出来ませんでした。


このまま引退してしまうのではないかと思う事もありました。


でも亀山先生や佐保田さんたちが学校側と連携を取りながらチームのために動いてくださり、コロナも落ち着いてきてなんとか練習も再開することができました。



例年とは全然違う形ではありましたが、リーグ戦もなんとか特別大会という形で開催することができました。



結果としては1勝1敗。



今年もまた、他校の結果を待つことに。




特別大会「優勝」という目標を掲げ、今シーズンを過ごしてきましたが、結果としてfinal 4にも行けず予選リーグ敗退。



後悔をしてないと言えば嘘になるけど

この学年、このメンバーで戦えて良かった。



でも、もっと長く一緒にプレーをしていたかった。



後輩に伝えたいことは、


この4年間は本当にあっという間で、ラストシーズンは特に短く感じるものだと思う。


だからこそ最後に後悔しないように過ごしてほしい。


今出来ることを全力でやって欲しい。



あと、日体の中だけで満足せず外に目を向けて欲しい。




「4年間ありがとうございました!!!」




#98 MF 荒木風雅


タグ: 

コメント

名前:

内容:

記事一覧へ

こんな記事にも興味あるかも?

このブログを読んだ人はこんなページも見ています