大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

プロフィール

名前
日本体育大学男子ラクロス部
よみがな
にほんたいいくだいがくだんしらくろすぶ
大学
日本体育大学
競技
ラクロス部
公式HP
日本体育大学男子ラクロス部

プロフィール   :

日本体育大学男子ラクロス部です。プロフィールをもっとみる

新着ブログ記事

月刊アーカイブ

記事一覧へ

引退ブログ #TR 柴沼美鈴


引退して約1ヶ月がたちました。

体感的には半年くらい経ったような気がします。


先日女ラクのファイナル4の試合の応援に行きましたが、

4年間同じ部活として頑張ってきたのにすごく遠く感じて、

もう学生としてみんなの試合している姿を見ることはないんだなと寂しく思います。




改めて今引退した生活になり、

起きる時間も寝る時間もガラリと変わり、

ラクロス部のみんなとも予定を立てないと会うこともなくなり、

私の学生生活はこの部活中心に回っていたんだなと感じます。



そろそろみんなの顔忘れそう、、、

思わずマルモに誕生日おめでとうのLINEを送りました。





リーグ戦を通して、

日本一になるためには、

ラクロスが上手い、好き、チームメイトが好き

という思いがどんなに強くても勝ち続けるということは本当に難しくて、

今も何が正解なのかわからず終わってしまいました。

これは全て勝ち続けた人にしかわからないことだと思います。

学生TRとしても至らないことが多すぎて

チームに貢献したことはほんのわずかもなくて不甲斐なかったなと思います。



それでもラクロス部として活動したことは、

毎日が刺激的で人としての成長も経験もでき、

色んな人に出会わせてくれて感謝の気持ちでいっぱいです!!




ラクロス部はほっんとに曲者ぞろいで、

特に4年生はみなさんもご存知の通り

いろんな意味で強者が多くて、

話はまとまらない、人の話は聞いてない、

話が通じない、自分のやりたいことを優先しちゃうの日々でした笑

それでも4年は意思の強い人、

自分の意見をちゃんともってる人が多くて

私は結構迷いがちな性格なので助けられた部分も多くあったな〜って。笑

(色んな人にたくさん相談乗ってもらいました)



こんな人種あったことないっていう人ばっかりで良く言えば面白いです。笑


そんな学年をまとめてくれたまつけんは本当にすごいと思う、、、

てかまつけんにしかできない、、、




自由な学年でしたが、ラクロスが好きなのはすごく伝わるし

試合でみんなプレーしている姿、

怪我明けで復帰して楽しそうにラクロスしている姿は

かっこよく私もすごく嬉しかったです。







個人的には色々話したいこともあるけど

まとまらないのでここで学年で伝えたいことだけ伝えます。


4年はなんだかんだ会うから省略。笑


3年生

3年生は学年の色は私たちと真逆の部分が多いな〜って思います。

だから私達には足りなかったものを持ってると思うし、

それを活かせたらどんなチームになるんだろうなってすごく楽しみです。

最高学年になったらあっっっっという間!!!!


2年生

まだまだラクロスをめいいっぱい楽しんで!!!

学年試合はないけどラクロス部としてかっこいいプレーを見るのを期待してる!!

今年は幹部に中野もいるから支えてあげつつ

それと一緒に3年生に意見を出しながら

共に良いチームを作り上げてください!!

あとは貴也さんにウエイトでカチられないように頑張れ!!!(特にりくお!!!)


1年生

学年試合は本当に楽しいからウィンター、あすなろまで時間を惜しまずやりたいことをやってください!!!!

それから同期とはたくさん時間を過ごして色んな話をしてください。

好きでも嫌いでも同期だし。

選手もスタッフもみんな一緒!!




書き出したら止まらないので

この辺にしますが、

学校とかその他もろもろ見かけたらみんな話しましょう。とっても喜びます。




そして

玄さんをはじめとする

コーチ、OBの皆様これまで大変お世話になりました。

貴也さん

最後まで根気強くご指導いただきありがとうございました。

治武さん

1年生の頃からずーーーーっと面倒見てくれて

社会人になったからも部活に来てくれてすごく嬉しかったです。

またスタッフだけでも4年でも飲みに行きましょう!







ひまわりをすることはもうありません!!!

(分かる人にはわかるはず)




本当にありがとうございました!




柴沼美鈴
































タグ: 

コメント

名前:

内容:

記事一覧へ

こんな記事にも興味あるかも?

このブログを読んだ人はこんなページも見ています