大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

プロフィール

名前
慶應義塾大学女子ラクロス部
よみがな
けいおうぎじゅくだいがくじょしらくろすぶ
大学
慶應義塾大学
競技
ラクロス部
ブログランキング
2位

プロフィール   :

慶應義塾は日本に初めてラクロス部を創設しました。ラクロス界のパイオニア(=先駆者)としてのプライ...プロフィールをもっとみる

フォトアルバム

新着ブログ記事

月刊アーカイブ

タグ

慶應義塾大学 ラクロス部 優勝に懸ける想い 女子ラクロス部 ラクロス チームブログ 練習 優勝 大学スポーツ 女子 日本一 応援 応援部 リーグ戦 連覇 目標 CSPark あすなろに向けて 大学 9

記事一覧へ

優勝に懸ける想い #TR ウーデン毬生

こんにちは!

4年TRのウーデン毬生(うーでん)です。
私の優勝に懸ける想いを書かせて頂きます。

今まで後輩や同期の優勝に懸ける想いは読んでいて胸があつくなります。
こうして自分が最高学年として、みんなの日本一への想いを聞けることが嬉しいし、感慨深いです。




三冠=日本一


4年生になり、
1年生、2年生、3年生の時より、遥かに日本一までの道のりが険しく感じます。

勝って当たり前という過信から、一気に落とされた今年の早慶戦。

「負け」という事実の重さ、悔しさを味わいました。





私は今年、スタッフリーダーとして今までの倍以上いるスタッフをまとめています。
スタッフの人数が増えてあれもこれもと欲張ってしまったり、問題が起きたりして放り出したくなる時もあります。
それでも前を向いて頑張ってこれたのは、スタッフのみんながいたからだと思います。

根拠のない自信があって、伸び伸びと仕事をやってきた下級生の頃とは違い、4年生になってもっと自信をつけなきゃと焦る自分がいました。


どんな状況どんな立場になっても自分の目標、フィールドでの目標を見失ってはいけない。

自分がフィールドでやるべきこと、つまり自分にしかできないことをやり切ることです。

そう言っていつも自分を奮い立たせ、前を向いてきました。


スタッフの仕事は黒子みたいなものですが、とても重要です。
スタッフがいないと練習が回らないし、試合にも勝てない。スタッフはチームの大黒柱。

って、思っています。

そうすれば、1/10の力がチームの力になって勝利につながると思っています。





この部は、歴代の先輩方が自分たちで部を発展させようと努力してきた過程があります。

常に貪欲に、より強いチームにしようと必死に試行錯誤してきら結果、今のラクロス部があります。


そして私たちは、16チームらしさを含めた日本一への道を歩んでいます。

そうやって、慶應ラクロスを背負えることを改めて誇りに思います。



今までの過去、悔しさ、積み重ねてきた自信、誇り、責任、信頼、、、
全てを背負って

やり切った日本一にしたい

これが私のwin the dayです。




日頃からご指導して下さるコーチの方々
そして私たちが日本一を目指せるようサポートして下さっているOBGの皆様、本当にありがとうございます。


以上で、私の優勝に懸ける想いとさせて頂きます。
乱文失礼致しました。

タグ:  慶應義塾大学  ラクロス部 

コメント

名前:

内容:

記事一覧へ

こんな記事にも興味あるかも?

このブログを読んだ人はこんなページも見ています

このブログを読む人にオススメのブロガー