大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

プロフィール

名前
慶應義塾大学女子ラクロス部
よみがな
けいおうぎじゅくだいがくじょしらくろすぶ
大学
慶應義塾大学
競技
ラクロス部
ブログランキング
2位

プロフィール   :

慶應義塾は日本に初めてラクロス部を創設しました。ラクロス界のパイオニア(=先駆者)としてのプライ...プロフィールをもっとみる

フォトアルバム

新着ブログ記事

月刊アーカイブ

タグ

慶應義塾大学 ラクロス部 優勝に懸ける想い 女子ラクロス部 ラクロス チームブログ 練習 優勝 大学スポーツ 女子 日本一 応援 応援部 リーグ戦 連覇 目標 CSPark あすなろに向けて 大学 9

記事一覧へ

優勝に懸ける想い #22 飯豊 文香

四年のふみかです。

更新が遅れてしまい、申し訳ございません。



自分の番まではまだまだだと思っていたら、あっという間にもう22番まで回ってきてしまいました。

同期や後輩の優勝に懸ける想いは読んでいて胸が熱くなりますね。
こうして自分が最高学年として、みんなの日本一への想いを聞けることが嬉しいし、感慨深いです。







日本一



四年になり、
一年二年三年のときより、遥かに日本一までの道のりが険しく感じられます。

これが本当に日本一という結果に繋がっているんだろうか。
日本一を意識しすぎてあれもこれもと焦ってしまうときもあるし、
のしかかる不安にやられそうにもなりました。



勝って当たり前という過信から、一気に落とされた今年の開幕戦。


「負け」いう事実の重さ、怖さを味わいました。
そして自分たちの弱さ、やるべきことを知りました。




開幕戦の次の日、
Vリーグ開幕戦vs明治が行われ、最初から最後まで慶應が明治を圧倒し、勝利を収めました。


サブチーム一丸となってやるべきことをやりきる同期や後輩の姿が、とても胸に刺さりました。

前日の自分を本当に悔やんだし、
同時にチームの底上げの本当の意味を知りました。




自信なんてものは勝手に身に付いて伸び伸びと走り回っていた下級生の頃とは違い、
四年になって、もっと自信をつけなきゃつけなきゃと焦る自分がいました。

少し背伸びをして、あれもこれもと欲張ってしまったせいですかね。




どんな状況どんな立場になっても自身の目標、フィールドでの役割を見失ってはいけない。

自分がフィールドでやるべきこと、
つまり自分にしかできないことをやり切ることです。

そう言っていつも自分を奮い立たせています。


だから、
どんなに速い選手にも追い付きたいし、抜いてやりたい
どんなボールも奪ってやりたい
誰よりも強く、速く走りたい
「自分らしさ」をとことん使い切って試合に貢献したい

って、思います。



そうすればきっと、
個の力がチームの力になって勝利に繋がる。

日本一なんてあとからついてくるもんだから!






この部は、歴代の先輩方が自分たちで部を発展させようと努力してきた過程があります。

常に貪欲に、より強いチームにしようと必死に試行錯誤してきた結果、
今の慶應ラクロスがあります。


そして私たちは、14チームらしさを含ませた日本一への道を歩んでいます。


そうやって、
この大好きな慶應ラクロスを背負えることを改めて誇りに思います。




今までの過去、悔しさ、
積み重ねてきた自信、誇り、責任、信頼…
全てを背負って、

やり切った日本一を達成したい


だって背負っているものが大きいほど、そこにプライドを持てるし、
実現させたときの嬉しさは計り知れないからです。



きっと私たち14チームでみる日本一の景色は、
また違った景色なんだろうと思います。

楽しみでワクワクしますね!







日頃からたくさん御指導して下さるコーチの方々、
そして私たちが日本一を目指せるようサポートして下さっているOBGの皆様、
本当に有難うございます。


また、いつも応援してくれる家族や親戚、友人にも、とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。



このチームにいてよかったと思う瞬間がたくさんあります。

この14チームのメンバーで日本一を目指せることを誇りに思うし、
なによりもみんなが大好きです。



自慢したいくらい最強で最高の同期、
私の後輩ぎらいを克服させてくれたおもしろかわいい後輩たち笑、


みんなが最高の仲間であることを証明したいです。


で、マキを真の日本一の主将に!!





まずは11月3日。
今年もようやく掴み取れた、FINAL4の舞台。


思いっきりプレーして、必ずや日本一に繋げます。







以上で、私の優勝に懸ける想いとさせていただきます!
乱文失礼致しました。


タグ:  慶應義塾大学  ラクロス部  優勝に懸ける想い 

コメント

名前:

内容:

記事一覧へ

こんな記事にも興味あるかも?

このブログを読んだ人はこんなページも見ています

このブログを読む人にオススメのブロガー