大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

プロフィール

名前
慶應義塾大学女子ラクロス部
よみがな
けいおうぎじゅくだいがくじょしらくろすぶ
大学
慶應義塾大学
競技
ラクロス部
ブログランキング
2位

プロフィール   :

慶應義塾は日本に初めてラクロス部を創設しました。ラクロス界のパイオニア(=先駆者)としてのプライ...プロフィールをもっとみる

フォトアルバム

新着ブログ記事

月刊アーカイブ

タグ

慶應義塾大学 ラクロス部 優勝に懸ける想い 女子ラクロス部 ラクロス チームブログ 練習 優勝 大学スポーツ 女子 日本一 応援 リーグ戦 応援部 連覇 目標 CSPark あすなろに向けて 大学 9

記事一覧へ

優勝に懸ける想い MG 池澤早紀

 何か気の利いたことでも書こうと思ったのですが、どうにも考えつかないので思っていることをそのまま書こうと思います。
実は今、皆の「優勝に懸ける想い」を読んできたばっかりで少しばかり感傷的になっているので、長く暑苦しい文章になる予感がぷんぷんします。どうかご容赦ください。


さて、同期にはいつか話したことですが、マネージャーとしての自分の、モチベーションについて少し。私はたぶん、外から見たらあんまりラクロスに熱くなっているタイプには見えないのではないでしょうか。「淡々と仕事するよね」なんて言われたこともあります。意外かもしれませんが、「マネージャーである自分」に悩んだこともほぼありません。いわさんの「優勝に〜」を読んでからだと、尚更おかしなやつだと思われることでしょう。

もしプレーヤーを続けられなくなったら部をやめる〜なんて話のネタはよく聞きます。それなら私たちはどうやって気持ちを上げていけばいいんでしょうか。仕事がこなせるようになれば楽しいし、テーピングも上手くできれば面白いし、選手の成長に気づくと嬉しい。

でも、私の一番の軸は「勝つこと」です。「優勝」です。それだけです。マネージャーのモチベーションって難しいと思っている人も多いでしょう。実際、悩んだことのある人も多いと思います。けれど、私にとっては簡単です。「優勝」するために必要だ、と思ったことをやるだけです。日々の練習も、チームのことを考える時間も全部。プレーヤーがクロスとボールで練習するのと何も変わりません。このチームで日本一を取るために。だから、選手から感謝してもらおうとか、日本一に連れてってほしいだなんて、微塵も思っていません。

だって同じチームメイトだもの。一緒に勝ちに行く仲間だもの。「マネージャー」だけ別枠で、おまけでくっついて?それで選手に感謝される存在なんて、仲間はずれなんて、そんなの私は嫌なんです。

私が先日読んだ本に、こんなことが書いてありました。
「関わった全員で驚喜し、はしゃぎ、泣き出すようなことを、いったいどれだけの人間が死ぬまでに経験するだろう。」
皆、身に覚えがあるよね。正確には、最大限の自信と信頼から生まれる、予感があるよね。それを実現するためにずっとやってきたんだもんね。マネージャーも同じなんです。南ちゃんじゃないんです。

私は別に、みんなに有難がってもらうためにいるんじゃない。感謝されたいからやるんじゃない。勝ちたいから、やる。2位以下は全部おなじ。だって「日本一」じゃないから。「ありがとう」も、銀メダルもいらない、ただ「日本一」になりたいだけなんです。

だから私も、私たちを育てて、見守って、全力で応援してくださっているOGの方々に、「ありがとうございます」なんて今更言いません。結果でお見せします。


最後に、どれくらいの人が読んでくださっているかわかりませんが、応援に来てくださる皆さんへ。

10日のFINAL、そしてその先に続く試合、慶應が一時的にリードされる展開ももちろん有り得るでしょう。そういう時、絶対にスタンドで「やばい…かも」なんて、思わないでほしいのです。それは絶対フィールドで試合をしている選手に伝わります。皆さんが思っている以上に、スタンドからの応援は選手の力になっています。

余談ですが、私は「追いかけられる展開」より、「追いかける展開」の方が好きなんです。だって、逆転勝利なんて、すっごく盛り上がるじゃないですか。だから、もし所謂「やばい」状況になっても、慶應からの、試合を盛り上げるサービス演出くらいに考えてください。そして「面白い展開になってきたぜ」くらいの感じで、気負わず楽しく、そしてアツく応援していただければ幸いです。


なにはともあれ、まずは11月10日のFINAL。慶應が歴史を塗り替える瞬間、刮目せよ!!


…とかカッコよく締めようと思ったのですが、今朝も「もんちゃんの文章はなんか変だよね〜」とかいう噂を聞いたばかりなので。


以上、僭越ながら、支えてくださる保護者の方々・OGの先輩方・コーチ陣・大好きなチームメイト、そして応援してくださっているすべての皆様へ、感謝をこめて。

11月25日、このチームが最強で最高ってことを、証明してみせましょう。


タグ:  ラクロス部  FINAL  優勝に懸ける想い  チームブログ  女子ラクロス部  慶應義塾大学 

コメント

名前:

内容:

記事一覧へ

こんな記事にも興味あるかも?

このブログを読んだ人はこんなページも見ています

このブログを読む人にオススメのブロガー