大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

プロフィール

名前
慶應義塾大学女子ラクロス部
よみがな
けいおうぎじゅくだいがくじょしらくろすぶ
大学
慶應義塾大学
競技
ラクロス部
ブログランキング
2位

プロフィール   :

慶應義塾は日本に初めてラクロス部を創設しました。ラクロス界のパイオニア(=先駆者)としてのプライ...プロフィールをもっとみる

フォトアルバム

新着ブログ記事

月刊アーカイブ

タグ

慶應義塾大学 ラクロス部 優勝に懸ける想い 女子ラクロス部 ラクロス チームブログ 練習 優勝 大学スポーツ 女子 日本一 応援 応援部 リーグ戦 連覇 目標 CSPark あすなろに向けて 大学 9

記事一覧へ

優勝に懸ける想い MG 岩田知沙絵

優勝に懸ける想い。
私がこれを書くのは、実は4年目にして初めてです。
マネージャーの順番は最後だから。
いつも、シーズン中に部員全員に回らない…
今年はどうか、全部員の想いを読むことができますように。

初めてということで、私の想いをつらつら書かせていただこうと思います。
長くなってしまっても、どうかお許しください。

優勝に懸ける想い。
マネージャーがどんな想いを持っているか、分かる人はなかなかいないのではないでしょうか。
何でマネージャーなの?
もったいない。
マネージャーをやる人の気持ちが理解できない。
よくやるね。
よく続けられるね。
こんな言葉を、入部して以来、数え切れないほどの人に言われてきました。

何でマネージャーなんかやってるんだろう。
何の為にやってるの?
誰の為?
チーム内での自分の存在意義は?
存在意義なんてない。
みんなマネージャーなんかいなくてもやっていけると思ってるんでしょ。
本当に何で、マネージャーなんか続けてるんだろう。
私自身、こんなことを幾度となく思ってきました。

マネージャーが4年間部活を続けるのは、本当に難しくて大変なこと。
私はそう思っています。
単純に、
ラクロスをしたいから。
そんな理由ではマネージャーを続けることはできません。
やっぱり100%自分の為、ではないから。
ただ単にラクロスがしたいからじゃない。やっぱりチームのみんな、選手のことが最優先。
自分のことより人のことを考えるのがマネージャーです。
それがどんなに難しいことか。
モチベーションを維持するのがどれたけ大変なことか。
4年間で、自分なり他のマネージャーなりを見てきて痛いほどよく分かります。

私が入部した1番大きな理由は、学生優勝を目指したいと思ったから。
高校までで部活というものにやりきった想いがあった私は、体育会に入るつもりはありませんでした。
でも新歓のとき当時の主将あすかさんに言われた言葉は、私には大きなショックでした。
「うちは日本一を目指してるから。うちにいれば、日本一になれるんだよ。」
日本一。
何それ。私が日本一?そんなものを目指せるの?本当に?自分が一生の中で日本一を目指せる機会があるなんて!
こう思い、入部しました。

マネージャーという立場柄、私はきっと誰よりも先輩方の姿を見てきたんじゃないかと思います。
幸せなことに1年生の頃からよくトップの練習を担当させて頂いていた私は、一緒にプレーしているわけではない、でも、先輩方の想いはずっと見てきました。
いいプレーができて喜んだり、うまくいかなくて悔しがったり、試合前に緊迫していたり、仲間に怒ったり…
しかし、それらをただ「見ていた」私は、今までの3年間、先輩方や選手のみんなに「日本一に連れていって」という思いがあったと思います。

でも、今年は違います。
そんな気持ちでは、チームが日本一になることはできない。
シーズンインのときに幹部と話して決まった今年のマネージャーの方針は、
「マネージャーはフィールド上で主将の次に権限を持つ。」
今までとのあまりの立場の違いに悩み、同期と衝突したこともありました。
でも、日本一になる為には、マネージャーの力が必要不可欠。
その為に、苦しくても、責任が重くても、マネージャーは心を鬼にして選手を叱咤激励したり、指示を出したり、チームにキツいことを言ったり、なんとかチームの方向修正に努めてきました。
学年とか関係ない。
マネージャーなら、学年関係なく、チームに言える人にならなければいけない。
全ては日本一の為に。
日本一に相応しいチームを創り上げる為に。

「マネージャーが、そしてマネージャーリーダーを務めている自分が、みんなを日本一に連れて行く」
大きなことを言ってると思われるかもしれませんが、これぐらいの責任と覚悟はあります。

負けても得ることはたくさんある。でもそんな思いは、優勝にあと一歩で届かなかった自分たちの3回の新人戦や過去3年間のFinal4,Finalで充分です。
日本一にならなくてはいけないとか、日本一になってほしいとか、そんな生半可な想いではありません。
引退がかかってるからでもありません。
何がなんでも、日本一になりたい。
頂点に立つ。
日本一になる。

稚拙な文で失礼致しました。
まずは今日のFinal4、しっかり勝ってきます!


タグ:  ラクロス部  慶應義塾大学  FINAL4 

コメント

名前:

内容:

記事一覧へ

こんな記事にも興味あるかも?

このブログを読んだ人はこんなページも見ています

このブログを読む人にオススメのブロガー