大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

プロフィール

名前
一橋大学女子ラクロス部
よみがな
ひとつばしだいがくじょしらくろすぶ
大学
一橋大学
競技
ラクロス部
ブログランキング
11位

プロフィール   :

一橋大学女子ラクロス部です。プロフィールをもっとみる

フォトアルバム

新着ブログ記事

月刊アーカイブ

タグ

一橋大学 ラクロス部 女子ラクロス部 ラクロス リーグ戦 練習 応援 応援部 DF 新歓 大学 サマー 一年生 練習試合 コーチ 感謝 女子 9 オフ 勉強

記事一覧へ

入替戦まであと一日

こんにちは、4年のSCのめいです!
なつこと同じく、皆が4年のことを良く言いすぎてなんだか怖いです。笑
でもお世辞だとしても素直にうれしいし、信じてついてきてくれた皆のためにも最後まで手を抜けないな、と気合が入ります。

さて、今回私は一橋女子ラクロス部への思いについて書こうと思います。もともとのお題はリーグ戦についてということだったのでちょっとずれますが、お付き合いお願いします。

「一橋女子ラクロスは一人ひとりが頭を使ってプレーできるところが強みだ。」
私が1年生で部活に入った時、いやたぶんそのずっと前から一橋女ラクは部内外からこう言われていました。
私も新歓でこの言葉を聞いて、運動神経がよくない私でも輝けるのかもしれない、なんて魅力的な部活なんだろうと思ったことを覚えています。

でも現実はそんなに甘くなかった。
いくら考えてもそれだけじゃクレードルで球は浮かないし、シュートは入らない。左足が原因なのは分かってるのに、DFのサイドカットはできる気がしない。決められた公式もない中で、瞬時に誰にパスを出せばいいか判断することなんてできなかった。頭の中ではうまくいった戦術も、実際にやってみるとすべて思い通りに動くわけはなく、むしろ決められた動きにしばられて身動きが取れなくなってしまった。
チームが前に進めなくなったのと同じ頃、私は頭を使ってラクロスをしろと言われることが嫌いになっていました。

一橋生が考えてしまうということは強みでもあり弱みでもあると思います。
どんなに勉強ができたって、そのことがラクロスの試合で勝利することに結びつくわけなんかないのに、考えれば勝てると思っていた。自分たちの技術の限界を勝手に決めて、それでも頭で勝てるプレーがあると過信していた。
試合で勝つのはラクロスが上手いチームでありそれが全てだったのに、賢くてどんくさい私たちは一番大切なことを見逃しがちでした。

ラクロスが上手い、強い一橋女子ラクロス部になりたかった。
頭がいいよね、じゃなくてラクロス上手いよねって言われたかった。

今シーズン、一橋はもっと上手くなれるということを信じてやってきました。
自分たちで限界を決めたくなかったし、「そのプレーうちには技術的に無理じゃない?」って誰かに言われても、出来ないなんて思いたくなかった。頭で考えることは必要だし、みんなに納得してもらった上でプレーしてもらいたかったけど、それだけじゃラクロスは上手くならないから、足りない技術を身につけることに拘り続けた。
みんなと一緒に純粋なラクロスで相手を圧倒したかったから、ここまでがむしゃらにやってきたつもりです。そして、ちょっとずつだったけど確実に、一橋女ラクは変わってきたと思っています。

明日は、一橋女ラクが再び二部に昇格する、私たちがより一層強くなったことを証明する日です。
自分たちで選んだこのスポーツで、一橋の女子が輝けることを証明したいから、二部にあがってもっともっとその先の夢を続きを見たいから、16チーム全員で全力で走ります。



最後に、ここまで私たちを支えて下さった多くの皆さんに深い感謝の気持ちを示したいのですが、それは口下手な私よりもこの後の主将が的確に伝えてくれると思うので、是非そちらをご覧いただければと思います。
部員のみんな、感謝も謝罪も含めて伝えたいことはまだまだ山ほどあるけど、それはまた追々話せると思うから待っててね!笑


明日、絶対に、二部昇格。


4年 SC めい


タグ:  一橋大学  ラクロス部 

コメント

名前:

内容:

記事一覧へ

こんな記事にも興味あるかも?

このブログを読んだ人はこんなページも見ています

このブログを読む人にオススメのブロガー