大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

プロフィール

名前
中央大学学友会サッカー部
よみがな
チュウオウダイガクガクユウカイサッカーブ
大学
中央大学
競技
サッカー部

プロフィール   :

中央大学学友会サッカー部です。プロフィールをもっとみる

フォトアルバム

新着ブログ記事

月刊アーカイブ

タグ

中央大学 サッカー部 細見諒

記事一覧へ

« 前の記事へ 次の記事へ »

僕が思う、キーパーとは

こんにちは!
中央大学 法学部4年 GKのシュミットダニエルです(^^)







先週の国士舘大学戦は2-2という結果に終わりました。前期の対戦では自分のキャッチミスで負けてしまった相手だったのでなんとしても借りを返したいと思い、試合に臨みました。

この試合、前半はほぼ狙い通りの展開で折り返すことができました。後半早々に追加点をとり、優位に進められるはずだったのですが失いたくないところでのボールロストを恐れ、前線へのロングボールが多くなり、チームとしてのリズムがつかめずに結果的に簡単に2失点してしまいました。

自分の中でこの2失点は簡単に防ぐことができた点だったと思います。1失点目は僕が声をかけていれば防げたし、2点目は弾けるボールでした。
キーパーや、ディフェンスは1度のミスが命とりになるポジションです。キーパーに関して言えば、練習では止めることができているボールが試合では止められず、失点になってしまったり、いらないキックミスだったり、キーパーは試合ならではのミスがあると思います(自分だけかもしれませんが)。

毎週試合のあるリーグ戦で大事なのは、次節までの練習の期間で前節の失点のイメージをなくすことだと思っています。前節はDFとのコミュニケーションがうまくいかなかったこと、シュートへの反応が悪かったことが課題なのでDF陣とのコミュニケーションとシュートを多くうけることをテーマに次節までの練習に取り組みたいと思います。

もう一つ大事なことは、良いプレーのイメージを忘れないことです。前節、シュートストップが思うようにできなかったのですが、クロスボールへの飛び出しは悪くはなかったと思います。ボールをキャッチしたときに国士舘の応援から「エヴァンゲリオンみたーい」と言われたのは正直忘れられないです。これもポジティブにとらえれば高い打点でのキャッチができてたということだと思うので、ここのイメージは忘れずにまた次節もエヴァンゲリオンになれるようにハイボールは積極的に飛び出したいと思っています。

次の相手、専修大学はタレント揃いのチームです。
個人として意識しなければいけないことはシュートを打たせないことだと思います。専修大学はシュートがうまい選手が前線に多いのでいい状態で打たせないことが鍵になると思います。
チームとしては、毎試合そうですが、とにかく強いメンタルを持って試合に臨むことを意識するべきだと考えています。残り4試合、
勝ちます。
勝ちます。


ここで話がかわるのですが、11月3日に白門祭でトークショー、サイン会をすることになりました。
トークショーではプライベートでも仲のいい水泳部の慎理も出るので楽しみです!彼はよくしゃべるので、正直心強いです。たくさんの方に来ていただけると嬉しいです(^^)
他にも同じサッカー部の優孝や、陸上部の木村選手と舘野選手も参加するので、みんなで楽しい時間にしたいと思います!

詳しくはサッカー部のHPを見てください!
http://www.footballnavi.jp/chuo_fc/news_view.php?kn=3393


タグ:  中央大学  サッカー部 

コメント

名前:

内容:
« 前の記事へ 次の記事へ »

記事一覧へ

こんな記事にも興味あるかも?

このブログを読んだ人はこんなページも見ています

このブログを読む人にオススメのブロガー